#

Civil Weddingシビルウェディング

 

 

近年、日本のウェディング事情は多様なスタイルが増えています。神前式・キリスト式などの一般的なスタイルは勿論人気がありますが、「ナシ婚」と呼ばれる入籍のみで挙式そのものを行わないスタイルも珍しくなくなってきました。挙式を行わない理由は人によって様々ですが、昔ほど形式的な結婚式のスタイルにこだわらないことや、費用面のネックが理由のひとつという方もいるかと思います。 しかし、家族や親しい人たちに感謝の気持ちを伝えたい、自分たちならではの挙式を行いたいという方にお勧めしたいスタイルが「シビルウェディング(市民結婚式)」です。

 

「シビル(civil)」は英語で「市民の、民間の」という意味であり欧米で教会挙式の前に行う婚姻届署名のセレモニーを指します。クリスチャンが多数を占める欧米では、シビルウェディングと教会挙式の2本立てが一般的でしたが、現在では宗教にこだわらず婚姻届署名のみ(シビルウェディング)を行うカップルが増えてきています。 スタイルは国やカップルによって様々ですが、メインセレモニーは婚姻届を受理し、正式に夫婦となった証を宣言することです。ここに指輪の交換やファーストキス、乾杯、写真撮影などが入ります。

 

日本のシビルウェディングは、桂由美先生が会長を務める全日本ブライダル協会がスタイルを提唱しています。全日本ブライダル協会の認定資格を有する司式者(シビルウェディングミニスター)またはディレクターが指導した司式者が式を執り行うので、厳粛で格式あるセレモニーになることが特徴です。また、宗教にとらわれず自由に会場を選択し、憧れの結婚式を行うことができます。ホテルやガーデン、レストラン、思い出の場所など、どこでも構いません。ドレスは和装も洋装も選択できますし、誓いの言葉はオリジナル、音楽が限定されないなど、予算と好みに合わせたセレモニーにすることが可能です。 結婚は夫婦となる2人のものですが、親しい人たちにお披露目し祝福を受ける場をつくることで、より一層絆が深まるとアトリエクミは考えています。挙式のスタイルに関わらず、ブライダルでお悩みの方は遠慮なくご相談ください。

Contact

お宮参り、七五三、成人式、卒業式、その他の着付も承ります。

お支度時間や料金、ご用意していただくものなども含めて、お気軽にご相談ください。

TEL/FAX:03-5704-3644

Email:kumi@atelier-kumi.com